漢方では肌は「肺」に関係深いと考えます。

漢方では肌は「肺」に関係深いと考えます。

」は呼吸運動や水分代謝を司るところで、
秋の季節に活発になる臓ですが、
秋の乾燥からダメージを受けやすいです。

 
」の働きが衰えるとアレルギー症状が起こりやすくなります。
すると肌の炎症蕁麻疹肌荒れも起こってきます。
」を助ける食材は白色のものが多いです。
中でも、白きくらげは肌によい代表です。
他にも、なしユリ根れんこん松の実などがあります。

 
」を健康にして美肌を保ちましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください