腸内フローラが健康を左右する

腸内フローラが健康を左右する

私たちの腸内には多くの細菌が住みついていて
その数は100兆個にもなります。

腸内細菌には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌が居て、
その割合が健康を左右しています。

善玉菌は、食べ物の消化吸収を助けたり、
乳酸菌などの有機酸を作ったりして腸の働きを整えます。

悪玉菌は善玉菌が消化しきれないたんぱく質を腐らせ有害な毒素を作り、
老化を促進させることがありますが、
腸のバランスが良いと悪さをしません。

 

日和見菌は腸のバランスが良いと善玉菌を、悪いと悪玉菌を助けます。

善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7

が、腸内フローラのバランスが良い状態です。

次回は、腸内環境が良いとどんないいことがあるかをお話しいたします。

 

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください