体質チェック
5000円(税別)以上 お買い上げ頂くと

5000円(税別)以上
お買い上げ頂くと
送料・手数料が無料です!

沖縄・離島を除きます。

消費税増税に伴うお知らせ

消費税増税に伴い、一部の商品の税率が10%になりました。

●薬膳茶・食品 8% (変更なし)

●浴用剤 8% → 10%

今後ともよろしくお願い致します。

【江戸の人気ドリンク・枇杷葉湯①】

【江戸の人気ドリンク・枇杷葉湯①】
本家からすま枇杷葉湯
   第一暑気払いのかくらん——



そんな売り声とともに売られていた、江戸時代の人気ドリンク
枇杷葉湯(びわようとう)」。


京都烏丸に本家があり、のちに江戸の町でも販売されたそうです。
ビワの葉と、いくつもの生薬をまぜて煎じたドリンクは、
暑気あたりや下り腹(下痢)の予防として人気だったそうです。


詳しいレシピは残されていないのですが、
ビワの葉・カッコウ・ゴシュユ・ガジュツ・モッコウ・カンゾウ・ニッケイなどを
細かく刻んでブレンドしていたようです。


暑気払いといいながら、身体の熱を冷ます生薬が少ないことにご注目。
おなかを温めて、胃腸の調子を整えるものが半数以上です。


また、強い香りで胃腸の働きを助け、食欲不振や吐き気をおさめる生薬も入っています。


冷蔵庫もクーラーもなかった江戸時代には、胃腸を元気にして、
しっかり食事をとることが、夏バテ対策だったんですね。
そのあたりは、現在と変わらないようです。


冷たい食物が簡単に食べられる現代こそ、
おなかを冷やさない意識が一番の夏バテ予防かもしれません。