春の養生~その①~

春の養生~その①~

少しずつ暖かい春の陽気を感じる今日この頃ですね!
でも、この時期は三寒四温で気候と共に気持ちも不安定になりやすい時期です。

東洋医学では「」をしっかりと養う季節になります。

「肝」には血液の調整や新陳代謝、精神や感情の調整機能などの働きがあります。
つまり春は精神と深いかかわりがある「肝」が他の季節に比べて
ダメージを受けやすいため、ストレスが溜まりやすく、不安を感じたり、
イライラしやすくなってしまいます。

そこで、今回から3回にわけて春によい薬膳素材をご紹介します。

 

まず今回は「エゾウコギ」!

 

エゾウコギは朝鮮人参と同じウコギ科の植物ですが、
世界的にすごく狭い範囲にしか分布していません。
日本では北海道にしか分布していないのでこの名で呼ばれています。
他にはロシアや中国北部など寒い地方で育つ植物です。


エゾウコギの根の部分には肉体的な疲労の予防や回復はもちろん、
精神的な疲労の予防や回復、またストレスに強い身体作りに役立つと言われています。


エゾウコギ単独では渋みが感じられ、お茶としてはお勧めできませんが、
他の薬膳素材や茶葉とうまくブレンドすれば、美味しい薬膳茶が出来上がります。

 


是非、ご自身で春に身体をいたわる薬膳茶を作ってみてください!